田中治久”hally”の経歴は?結婚はしてる?|ゲーム音楽史/ゲーム史研究家

田中治久”hally”の経歴は?結婚はしてる?|ゲーム音楽史/ゲーム史研究家

東京五輪開会式の入場曲として、ゲームのBGMが使用されてゲーム音楽が話題になりましたね!

見ていた方は懐かしさを感じたり、改めてゲーム音楽の良さを感じた方もいるのではないでしょうか。

『マツコの知らない世界』のテーマ「ゲーム音楽の世界」で、ゲーム音楽史/ゲーム史研究家の田中治久”hally”さんが出演されました。

田中治久”hally”さんはゲーム音楽業界では、有名な方のようですがどのような方か知らなかったので経歴など調べてみました。

 

今回は、「田中治久”hally”の経歴は?結婚はしてる?|ゲーム音楽史/ゲーム史研究家」についてお届けします。

田中治久”hally”の経歴は?

あまりテレビには出演されない方のようで、顔写真がなかなか見つかりませんでした。

ゲーム音楽のイベントなどには参加されているようです。

まずは、簡単にプロフィールからご紹介しますね。

プロフィール

名前 田中 治久(たなか はるひさ)
ニックネーム hally
生年月日 1973年(48歳)
出身地 不明
血液型 不明

インタビューやイベントの参加情報などはあったのですが、あまり情報を出していないようで不明な点が多いでした。

幼少を過ごした80年代初頭からゲーム音楽に親しんだという記事があったので、生まれた年は1970年代ではないかと思います。

田中治久氏の年齢がテレビに出演の際わかりました。1973年生まれの48歳ということをご自分で明かされていました。(マツコデラックスの一個下)

テレビ出演などで詳細がわかれば更新していきます。

経歴

  • 1990年代:日本初のネットレーベル「カミシモレコーズ」を主宰し、FM音源での楽曲制作やライブ活動を精力的に行っていた。
  • 2001年:ライター活動を開始。個人サイト「VORC」をオープン。チップチューンという言葉と概念を日本にもたらすとともに、ゲーム音楽のルーツ研究にも先鞭をつける。
  • 2004年頃:ゲーム音楽だけでなく、ゲームそのもののルーツ研究にも着手。ブログ「classic 8-bit/16-bit topics」で、アタリショック研究や、近代ゲーム発展史といった未踏の領域における数々の先駆的な発表を行う。
  • 2006年〜2009年:現在世界唯一のゲーム音楽専門サイト「EGG MUSIC」をプロデュースし、6000局以上のレア音源の配信を実現。

以降、ゲーム音楽のリミックスやサウンドトラック製作にも数多く携わっているようです。

さらに、今年の7月には東京大学に登壇して、ファミコン音楽の作り方をレクチャーされています。

東大でそんな授業があるのにビックリしましたが、その授業の講師に選ばれるのもすごいですよね!

田中治久”hally”は結婚してる?

「マツコの知らない世界」に出演の際、左手の薬指に指輪をつけていたので結婚はされているようです。

家族の詳細情報は見つけられませんでした。

情報が見つかったら更新しておきます。

まとめ

「田中治久”hally”の経歴は?結婚はしてる?|ゲーム音楽史/ゲーム史研究家」についてお届けしました。

小さい頃に親しんだゲーム音楽を仕事にしているなんて羨ましいし、かっこいいと思います!

今後の活躍にも注目していきましょう!

 

本日は、最後まで読んでいただきありがとうございます。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。