釣り初心者におすすめの魚3選!場所や仕掛けについて

釣り初心者におすすめの魚3選!場所や仕掛けについて

テレビなどで釣り番組を見ると釣りってしたくなりますよね。

釣りはやってみたいけど、何から始めればいいのかわからないと思います。

 

今回はそんな方でも、比較的簡単に釣れる魚の場所や仕掛けをご紹介します。

構えるほど難しくなくないので、初心者の方でも簡単に始められると思います。

 

釣り初心者におすすめの魚3選!場所や仕掛けについて

テレビなどを見ていると、ルアーを使って大物釣りをメインに取り上げています。

見ていると、自分でも鯛などの魚を釣りたくなりますよね。

そこを目指すのは、手軽に釣りを楽しんでからの方がいいと思います。

釣具もピンキリですが、大物を釣るにはそれなりの費用がかかるので、まずは釣りを好きになってからにしてみてはいかがでしょうか。

 

釣り初心者の方でも、簡単に当たりを感じれて、釣果もそこそこ見込める魚を3つ紹介いたします。

  1. アジ
  2. キス
  3. カサゴ(アラカブ)

この3つが、初心者の私でも楽しめたので、一つずつ紹介していきますね。

 

アジ

サビキ釣りの人気ターゲット。春〜初夏は、唐揚げサイズの小さなアジが多いが、夏から秋になるにつれてサイズアップし、脂も乗ってくる。

南蛮漬けとか最高ですよね!

 

アジは、サビキ釣りで釣ります。アジだけでなくサバなどの魚も釣れます。

サビキ釣りとは、魚を寄せる効果のあるコマセエサを海中に拡散させて魚の群れを寄せ集め、それを「サビキ」と呼ばれる擬餌バリで釣り上げる方法。

ハリにエサを付けたり、仕掛けを遠くに投げる必要がなく、仕掛けを足元に投下するだけで魚が勝手にハリ掛かりしてくれるので、子供でも初心者でも手軽に楽しめます。

湾港などの岸壁や堤防などで釣ることができるので、釣り人がいる場所であれば釣ることができます。

 

用意する道具

釣りに最低限必要な道具を説明していきます。

竿

自在にラインを出し入れできるリールをセットした竿(リール竿)がオススメ。竿の長さは2〜3m程度が使いやすい具体的には、釣具量販店で「万能竿(ばんのうざお)」とか「波止竿(はとざお)」などの名称で売られている竿でOK。価格は3000円前後とリーズナブルです。

仕掛け

この釣りに使用する「サビキ」というのは、ハリに装飾を施した擬餌バリのこと。これをひとつの仕掛けに5〜7本ほど連ねたものが、サビキ仕掛け。一般には、ハリのサイズが4〜7号のものがオススメ。予備を含めて3、4個買っておこう!

それに付けるコマセ袋も必須です。仕掛けの1番下に付けて、沈下中のコマセの放出を制御しやすいプラカゴタイプが、付けるのも楽なので初心者にはお勧めです。

冷凍アミコマセ:サビキ釣りではエサを使わない代わりに、アミエビという小さなプランクトンをコマセとして使用する。通常、1kg単位の冷凍ブロック(500円くらい)で売られています。

コマセバケツ、スプーン:コマセを使用するため、それを入れるプラスティック製のバケツが必需品。大きさはいろいろあるが、サビキ釣りには高さが25㎝程度の小型タイプが使いやすい。コマセをカゴに詰めるためのスプーンもあると手をあまり汚さずに済みます。

その他

水くみバケツ:コマセや魚で汚れた手や釣り場を洗うための必需品。堤防から海水を汲むため長さ5mほどのロープが付いたものを選ぼう。手を拭くためのタオルも2枚ほど用意しておきたい。(近くに水道があればなくでも大丈夫)

クーラーボックス:イワシやアジは鮮度が落ちやすい魚なので、氷で冷やしたクーラーボックスに収納することが大切。容量は10リットル程度でOKだが、飲み物や食料なども入れる場合は16リットルぐらい欲しい。(発泡スチロールで代用も可。釣具屋で販売してます。)

 

釣り方

釣りを始める前にやることは、まずコマセブロックの解凍。これは、バケツにくんだ海水にビニール袋ごと入れておけば大丈夫。

溶けたコマセをコマセバケツに入れ直したら、いよいよ釣り開始。

竿と仕掛けをセット(釣具屋で買った時にお願いしたらセットしてくれます)して、コマセ袋に解凍したコマセを8分ほど詰めます。

あとは海面に真っ直ぐ垂らすだけ。

プルプル!っとアタリを感じたら、リールをゆっくり巻き上げます。このとき、力任せにあわてて巻くと、魚がハリから外れやすくなるので注意。

 

エサをばら撒くので、落とした瞬間に魚が集まってくるのが見えて、竿を引く感覚も味わえて、数も釣れるので、おすすめです。

 

キス

シロギスは、北海道南部から九州全域に生息しているため全国的に釣りのターゲットとしても有名な魚です。

砂浜や堤防から釣れる時期は地域差により若干の差はありますが、3月~10月までと冬を除けばほぼ年間通して釣ることができます。

画像は釣った日の夕食で、キスの天ぷら。自分で釣った魚を食べるのは本当に美味しいです!

 

キス釣りは、ゴカイというエサを使って釣ります。

ムカデやミミズみたいで気持ち悪いです。

キス釣りの難関はおそらく餌のゴカイをいかに触れるか、針にどうつけれるかが課題としてあげられます。

 

用意する道具

竿

2m以上の竿で少し硬めの竿がより仕掛けを投げやすくなります。

親が使わなくなった竿や以前使用していて押入れに眠っていおる竿で十分代用が可能な場合もあります。

上記のアジで使用した竿でも仕掛けを変えるだけで大丈夫です。

仕掛け

針:一般的に針数は3~多くて10本も使用しますが、最初に始めるのであれば2本針の仕掛けをお勧めします。

本数を多くしてしまうと、糸が絡みやすくなったり、仕掛けが投げずらくなったりとトラブルが多く発生します。

針の大きさについては、4号~8号を使用します。

※キス釣りをする上で、針は根掛かりや、キス釣り上最大の敵となるフグに針を噛みちぎられる事が多くありますので多めに持っておきましょう。

オモリ:オモリもたくさんの種類が販売されていて戸惑う事がありますが、10グラム(3号)以上あれば十分です。

ですが、普通のオモリで投げ続けると糸絡みが頻繁に起きてしまいます。

ちょい投げ用の天秤(オモリ)と言われるものが販売されていて、糸絡みを軽減する形となっていますので、投げ釣り専用のオモリを使用することもトラブルを防止し釣果アップにつながりますよ。

先ほど紹介した、ムカデのようなゴカイを使用します。

手袋を使ったりして付けれるようになりましょう!

どうしても触るのが嫌というかたは、食いは渋くなってしまいますが沖アミ(エビ)で代用ができます。

 

釣り方

釣り方は至ってシンプル。

遠くに投げれるだけ仕掛けを投げて

着水後に少しリールを巻いて、糸が張っている状態にします。

そうすることで、魚からのあたり(エサを食べている状態)がより分かりやすくなります。

あとは、竿の穂先がピクピクとなったら10秒ほど待ってから回収する(リールを巻く)だけでOKです。

竿先に反応がない場合は、そこの付近にキスがいないということですのでリールを10~20回転巻いて餌の位置をずらしてあげましょう。

4.5分待っても反応がない場合は、餌を付け替え先ほど投げた場所とは少し違った場所に仕掛けを投げましょう。

 

アジよりは、竿を引く感覚がわかりにくいという個人的感想。回数を重ねるごとに分かってくると楽しいです。ポイントによって数も期待できます。

 

カサゴ(アラカブ)

一年を通して釣れますが、特に低水温時である冬場が最盛期となっています。

また、日中よりも夜に行動することが多く、夜釣りで狙えば型、数ともに期待できます。

カサゴは典型的な根魚で、常に海底から離れることなくエサを待っています。

カサゴ釣りの魅力は、なんといっても初心者でも手軽に釣る事ができるターゲットということでしょう。

釣り方も何種類かありますが、簡単なブラクリ仕掛けを紹介します。

 

用意する道具

竿

専用のテトラ竿が販売されています。なければ安価なコンパクトロッドや船竿を代用してもかまいません。

テトラや捨石などの穴を丹念に探り歩く釣りなので1.0~1.8mの短い竿。リールとセットで釣具屋で販売しています。(3000円くらいから)

仕掛け

仕掛けは市販のブラクリ仕掛けを購入して下さい。

ブラクリ仕掛けとは穴釣り・テトラ釣り専用に作られた仕掛けでハリスがなくオモリの先に直接ハリが付いているような仕掛けで、直接道糸を仕掛けに結びます。

オモリの号数によって大きさが区別され、流れがある場所では大きいものを、穏やかな場所では小さいものという具合に3~6号程度を使い分けましょう。針はオモリに応じた大きさになっています。

キビナゴを使用します。

釣具屋で冷凍されているもの(300円くらいから)が、販売しています。

一匹まるまるは大きいので、三等分など適当な大きさに切って使用します。

 

釣り方

堤防や桟橋にある、テトラポットの穴や隙間に仕掛けを落とします。

カサゴは根魚なので、そこまで落として待ちます。

魚がいれば早い段階で、クンクンと引きを感じますが、少し待って3回目くらいで合わせるために竿を上にシャクってみましょう。

かかっていれば早めに引き上げます。ゆっくりしていると、岩場に入り込んで抜けなくなってしまします。

仕掛けを落としても反応がない時は、穴を変えて入れていきます。

投げたりしないので、誰でも簡単に楽しむことができ、アジやキスより強いヒキを感じることができます。

注意点としてはテトラの上からなので、体勢を崩して落ちないように注意してください。

また、カサゴのヒレは尖っていて手で触ると痛いので、手袋を持っていくようにしましょう。

 

まとめ

色々な釣りがありますが、今回紹介したように初心者でも簡単に始められるものもあります。

まずは、海釣り施設などを利用して、どんな道具が必要なのか体験して、自分で道具を揃えてみるのもいいと思います。

 

自分で釣った魚を、自分で捌いて食べるのは格別ですよ!

今回の記事を参考に、釣りにチャレンジしてみてください。

 

本日は、最後まで読んでいただきありがとうございます。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。