24時間テレビ2021のマラソンランナーは誰?歴代マラソンランナーまとめ!

24時間テレビ2021のマラソンランナーは誰?歴代マラソンランナーまとめ!

夏の終わりの恒例チャリティー番組『24時間テレビ「愛は地球を救う」』が、今年も8月21日(土)、22日(日)に放送されます。

今回で44回目となりますが、今年も昨年同様新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、両国国技館で無観客での開催になります。

24時間テレビの中でも毎年注目を集めているのが、チャリティーマラソンのランナーですよね!

今年はどのような方がランナーとして参加するのでしょうか。

今までの歴代マラソンランナーの方もまとめてみました。

 

今回は、“24時間テレビ2021のマラソンランナーは誰?歴代マラソンランナーまとめ!”についてお届けします。

24時間テレビ2021のマラソンランナーは誰?

24時間テレビ2021のマラソンランナーと企画が、8月15日放送の「ザ!鉄腕!DASH」で発表がありました。

今回は「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」と題して、10人でリレー形式で100kmを走るということです。

昨年の募金ランと同様に、公道ではなく閉鎖された敷地内での実施になります。

今回は、男性女性混成でのリレーのようです。

残りの7名はどのような方が選ばれているのでしょうか?

昨年も土屋太鳳さん以外はスポーツ選手の方ばかりだったので、今年も同じ傾向なのでしょうか。

情報が分かり次第更新していきます。

更新情報

◎募金リレー最後のランナー第10走者は、城島茂さん(TOKIO)でした。

◎第9走者は、林咲希さん(女子バスケットボール日本代表)です。


◎第8走者は、丸山桂里奈さん(元女子サッカー日本代表)です。

◎第7走者は、長谷川穂積さん(ボクシング元プロボクサー世界王者)でした。

◎第6走者は、田中理恵さん(元体操選手・ロンドン五輪出場)でした。

◎第5走者は予想的中!五郎丸歩さん(ラグビー元日本代表)でした。


◎第4走者は川井梨沙子・友香子姉妹(東京五輪金メダリスト・レスリング)でした。

◎6時30分ごろに、第3走者の荒川静香さんがスタートしました。

◎5人目は第2走者として登場したのは、東京五輪金メダリストの水谷隼選手でした!

◎4人目のランナーは丸山桂里奈さん(元女子サッカー日本代表)でした!

社会人になって最初の場所が福島だったようですね!復興の思いと感謝の思いを込めて頑張ってほしいです。

今回の場所は、福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジです。

スターターを務めるのは、市川海老蔵さんです。

復興への想いを繋ぐ募金リレー参加者(発表順)

  • King&Prince 岸優太(第1走者)
  • 五郎丸歩(元ラグビー日本代表)
  • 荒川静香(元フィギアスケート世界女王)
  • 丸山桂里奈(元女子サッカー日本代表)
  • 水谷隼(東京五輪金メダリスト・卓球選手)
  • 川井梨沙子・友香子(東京五輪金メダリスト・レスリング)
  • 田中理恵(ロンドン五輪出場)
  • 長谷川穂積(世界王者・元プロボクサー)
  • 林咲希(東京五輪銀メダリスト・女子バスケットボール日本代表)
  • 城島茂(元ランナー・TOKIO)

復興への想いを繋ぐ募金リレー走者順

個人的な予想も立ててみました。意外と難しい!!!

分かり次第情報を更新していきます。

第1走者:岸優太(King&Prince)

第2走者:水谷隼(東京五輪金メダリスト)

第3走者:荒川静香(トリノ五輪金メダリスト)【予想:荒川静香】

第4走者:川井梨沙子・友香子(東京五輪金メダリスト)【予想:上野由岐子(ソフト)・入江聖奈(ボクシング)】

第5走者:五郎丸歩(ラグビー元日本代表)【予想:五郎丸歩】

第6走者:田中理恵(ロンドン五輪出場)【予想:福士加代子】

第7走者:長谷川穂積(世界王者・元プロボクサー)【予想:井上尚弥】

第8走者:丸山桂里奈(国民栄誉賞・元女子サッカー日本代表)【予想:丸山桂里奈】

第9走者:林咲希(東京五輪銀メダリスト・女子バスケットボール日本代表)【予想:池田向希(競歩)・梶原悠未(自転車)】

第10走者:城島茂(元ランナー・TOKIO)【予想:まさかの連続出場高橋尚子・元ランナー?間寛平?】

24時間テレビ歴代マラソンランナーまとめ

今回で、30回目の開催となる24時間マラソン。1992年からスタートして様々な有名人の方が走っています。

これまでに走った歴代ランナーをまとめてみました。

開催回(放送年) 名前 年齢 距離
第15回(1992年) 間寛平 43歳 153km
第16回(1993年) 間寛平 44歳 200km
第17回(1994年)
  • 肥後克広(ダチョウ倶楽部)
  • 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)
  • 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
  • 31歳
  • 31歳
  • 33歳
100km
第18回(1995年) 間寛平 46歳 600km(7日間)
第19回(1996年) 赤井英和 47歳 100km
第20回(1997年) 山口達也(TOKIO) 25歳 100km
第21回(1998年) 森田剛(V6) 19歳 100km
第22回(1999年) にしきのあきら 50歳 110km
第23回(2000年) トミーズ雅 40歳 150km

1992年の間寛平さんは200kmを走る予定でしたが、初めてのため事前に出発地やルートを公開したため人が殺到。交通の妨げになるとして途中リタイヤになりました。

24時間テレビが始まったきっかけは軽いノリときっかけから!?だったようです。

第24回(2001年) 研ナオコ 48歳 85km
第25回(2002年) 西村知美 31歳 100km
第26回(2003年) 山田花子 28歳 110km
第27回(2004年) 杉田かおる 39歳 100km
第28回(2005年) 丸山和也 59歳 100km
第29回(2006年)
  • 田中卓志(アンガールズ)
  • 山根良顕(アンガールズ)
  • 30歳
  • 30歳
100km
第30回(2007年) 萩本欽一 66歳 70km
第31回(2008年) エド・はるみ 44歳 113km
第32回(2009年) イモトアヤコ 23歳 126.585km
第33回(2010年) はるな愛 38歳 85km

24時間テレビの最初の総合司会の萩本欽一さんも走っていますね。

第34回(2011年) 徳光和夫 70歳 63.2km
第35回(2012年)
  • 佐々木健介
  • 北斗晶
  • 健之助
  • 誠之介
  • 46歳
  • 45歳
  • 13歳
  • 9歳
120km
第36回(2013年) 大島美幸(森三中) 33歳 88km
第37回(2014年) 城島茂(TOKIO) 43歳 101km
第38回(2015年) DAIGO 37歳 100km
第39回(2016年) 林家たい平 51歳 100.5km
第40回(2017年) ブルゾンちえみ 27歳 90km
第41回(2018年) みやぞん 33歳 161.95km
第42回(2019年)
  • 近藤春菜(ハリセンボン)
  • よしこ(ガンバレルーヤ)
  • 水卜麻美
  • いとうあさこ
  • 36歳
  • 28歳
  • 32歳
  • 49歳
  • 32.195km
  • 32.195km
  • 42.195km
  • 42.195km
第43回(2020年)
  • 高橋尚子
  • 土屋太鳳
  • 吉田沙保里
  • 陣内貴美子
  • 松本薫
  • 野口みずき
  • 48歳
  • 25歳
  • 37歳
  • 56歳
  • 32歳
  • 42歳
  • 116km
  • 30km
  • 25km
  • 10km
  • 15km
  • 40km

最年長での走者は、2011年の徳光和夫さんです。

2020年はコロナの影響もあり、チャリティーマラソンではなくなく募金ランという形で高橋尚子さんが発起人となり、走った距離に応じて募金するという企画でした。

まとめ

“24時間テレビ2021のマラソンランナーは誰?歴代マラソンランナーまとめ!”についてお届けしました。

これまで様々な方がランナーとして参加していますね!これからも色々な方が参加して盛り上げてくれるのではないでしょうか。

 

本日は、最後まで読んでいただきありがとうございました。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。